最新予約状況

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

直近のご予約の空き状況です。

■9/14(金):ありがとうございます。満員ですm(_ _)m

■9/15(土):ありがとうございます。満員ですm(_ _)m

■9/16(日):ありがとうございます。満員ですm(_ _)m

■9/17(月):祝日のため、お休みですm(_ _)m

■9/18(火):定休日ですm(_ _)m

■9/19(水):ありがとうございます。満員ですm(_ _)m

■9/20(木):ありがとうございます。満員ですm(_ _)m

■9/21(金):①10:00~②13:00~③15:20~

■9/22(土):①13:00~

■9/23(日):①12:40~

tel5

※2015年1月より施術と空間の品質維持のため、1日8名様までとさせて頂きます。

※ご予約で混み合っております。お早めにご予約下さい。

※ご予約状況は常に変わります。詳しくはお電話でご確認ください。

※予約状況を出来るだけリアルタイムに連絡するため、このブログ記事「http://coad-seitai.com/blog/yoyaku/」を随時更新していきます。

当院の予約状況を知りたい方は「http://coad-seitai.com/blog/yoyaku/」をブックマークしてください。

ブログを見たい方は「http://coad-seitai.com/blog/」をブックマークしてください。

 

コアド整体院のHPに戻る   tel5

整体院選びは難しい?

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

今日のテーマは「整体院選び」です。

当院にいらっしゃった方からも良くお聞きします、「どこに行ったらいいのか分からない」と。

私は専門家なので、どういう時にどこに行けばいいのか分かりますが、一般の方は分かりづらいと思います。

 

先日いらっしゃった40代女性。

デスクワークからの肩こりを改善したくて、吉祥寺の某接骨院(保険適用)に行かれたようです。

そこでやりたくなかったけど、ボキボキ関節を調整してもらったら、足がしびれてしまったようです。。

ここで問題点がいくつかあります。

まず1つ目。

デスクワークで凝った肩こりの改善に保険は適用出来ません。

保険はケガに伴う治療のみ適用出来ます。

確かに安い方が患者さんは喜ぶかもしれませんが、これは明らかに保険の不正使用です。

 

2つ目。

患者さんがやりたくないのに、無理な矯正を行っている点です。

今回のケースは明らかにケガをさせてしまっています。

これは大問題です。

 

ですが、ボキボキ矯正が悪いというわけではありません。

矯正には熟練の技術が必要です。

当然ですが、ちゃんと技術を高めてから患者さんに行う必要があります。

 

整体院を選ぶときのコツはいくつかあります。

①しっかりとHPを読む(院の方針が書いてあります)

②不明点はメールで質問する(電話では相手の時間も拘束します)

③保険が適用になるところは選ばない(ケガ以外の症状の改善には保険は適用になりません)

 

整体院選びは決して難しくありません。
まずはこの3点を抑えればある程度あなたが希望する整体院にたどり着けると思います。

 

皆さんが希望される治療院に行くことができ、症状が改善できればと思います。

 

最後に。

結局この方は足のしびれを改善したくて当院にいらっしゃいました。

足から調整していくと、足のしびれは無くなり、おまけに肩こりまですっかり良くなり、驚いて帰られました(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

ギックリ腰があまりにも簡単に良くなりました!

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

先日、施術を受けた感想文を久しぶりに頂きました。
頂いた経緯が凄かったので、ご紹介させて頂きます。

ギックリ腰のこのクライアントさん。
初回の施術でほぼ良くなったのですが、フェンシングの試合が控えていたので、念のため、あと2回調整した後日、お電話を頂きました。

「先日ギックリ腰で伺った〇〇です。」
「あれから凄く調子がいいです。ありがとうございました。」
「そこでお客様カードがあるかお聞きしたいのですが」

と言われ、私はこの「お客様カード」が何を指しているのかすぐには分かりませんでした。

良く伺うと感想文を書きたいとの事で、「お客様カード」がようやく「体験談」の事だと分かりました。

以前は体験談を何名の方にご協力して頂いたのですが、この数年は全くしていませんでした。
行った時もこちらから「お願いする」形でした。
ですが、まさかクライアントさんの方から協力したい!と仰っていただいたことは初めてでとてもビックリしました。

1時間後にこのクライアントさんは体験談を書く紙を受け取るためだけに来て頂き、おまけに美味しいお菓子まで持ってきて頂きました。

この行動に私はとても感動しました。

自分のギックリ腰が良くなって喜ぶだけでなく、お世話になったお店に協力したい!という気持ちとそれを公開することで自分と同じようなギックリ腰になってしまった人たちに有益な情報をシェアしたい!という気持ち。

なかなかできることではありません。

私もこんな素敵な50歳になりたいと思いました(^^)

以下体験談です。

++++++++++

コアド整体院さんには本当に助けて頂きました。ありがとうございました。
今回ギックリ腰を治療して頂いたのですが、あまりにも簡単に治ったので、驚きました。

下記は私の状況です。簡単に事実のみ記載します。
・20歳代、30歳代と過去2回、ギックリ腰を経験。2か月位なかなか治らず、ひどく辛かった体験でした。
・6/3 床の物を取ろうとしてギックリ腰になる。
・6/4 腰にコルセットをはめて、痛みに耐えながらやっと歩ける状態で会社は病欠。夕方にコアド整体院さんで施術をして頂く。
→施術後、痛みがかなり取れて急に歩ける様になり驚く
・6/6 朝一で施術して頂き、そのまま会社に出社
・6/9 3回目の施術でギックリ腰がほとんど良くなったので、コルセットをはずす。

一週間後、フェンシングの大会に出場が出来る。ギックリ腰は再発せずそのまま現在まで問題なし。
フェンシングは腰を落として半身になるので、腰に負担がかかり、試合に出場するのをあきらめていましたので、治って本当に感謝を致しております。
新海院長にはとても感謝しております。
お世話になりました。ありがとうございました。

++++++++++

koe

 

コアド整体院のHPに戻る   tel5

5分も歩けなかったすべり症もすっかり改善されました!

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

当院にはさまざまな症状の腰痛の方がいらっしゃいますが、今回はすべり症に関してです。

まずすべり症とはご存知ですか?

背骨は小さい骨が積み木のように重なり、一列に近い形で並んでいるのが理想ですが、何かの拍子に一つの骨が前に動いてしまう(すべってしまう)状態を「すべり症」といいいます。

詳しくは「すべり症」で検索するとたくさん出てきますので、そちらをご参考に。
でも調べると手術で背骨を固定したりする方法もさまざまあるのですね(^^;;

 

それでは症例報告です。

60代女性。
5分も歩くと腰が痛くて、歩けません。
しばらく座って腰を丸めていると楽になってきます。
(↑この状態を「間欠跛行」といいい、すべり症の方によくある状態です。)

整形外科ではヘルニアや狭窄症と診断され、処方された薬を2か月飲んだようですが、全く変わらず。。

早速施術です。

当院オリジナルテクニックで、すべった骨を後ろに戻します!

初回の施術でしびれの度合いが10→7へ。
3割減少しました。

2回目では10→5へ。
初回に比べて半分になりました。

それに伴い、一度に歩ける時間も増え、7回の施術でほぼ痛みがなくなり、休むことのなく1キロ歩けたようです!

すべり症では筋肉をほぐしたりしてもほぼ変わりません。
いかに前にすべった骨をもとの位置に戻すか。
ここだけがポイントです。

でも痛みが無くなったこの方の笑顔は良かった(^^)
よっぽど辛かったのでしょう。。

いいお手伝いが出来て満足です(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

動悸とぎっくり腰→中脳からのメッセージ

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

50歳を過ぎると色々な症状が出やすくなります。

よくあるのが「更年期障害」。
女性ホルモンの影響でさまざまな症状を引き起こすものです。

その一つが「動悸」。

病院に行ってもイマイチ原因がはっきりせず、自分は更年期なのか?心臓が悪いのか?呼吸がしにくいから肺か?など不安ばかりが先行してしまいます。。

先日いらっしゃった50代女性もまさにこの例でした。

座っていると少しドキドキする。
緊張している時に近い感覚。

2、3分横になっていると動悸が始まります。。
ただし、あおむけの時はならない。
右か左を下にして寝ているとあの嫌な感覚が始まってきます。。
しかも毎日。。
ツライですね。。

早速検査です。
当院は病院では原因不明と言われた症状の原因を追究することが得意です。

この方の検査の結果は「脳」に出ました。
もっと細かく言うと「中脳」という部分です。
中脳が機能低下を起こしていました。

脳幹の一部でとても大事な部分です。

主な役割は「視覚・聴覚・体の平衡・姿勢反射に関する中枢」です。
さきほど言った「右か左を下にして寝る」ここがまさに姿勢反射です。

フル稼働できる6割ほどしか機能しておらず、これは大問題です。

この問題を体に教えるために動悸として症状を表に出し、本人に異常があることを訴えていました。

ですが、一つの問題が。

それは当の本人ですら、動悸の原因が脳の異常であるということが分からないのです(T_T)
それはドクターでも分からない場合も多いので、仕方ないとも言えます。。。

早速調整します。
調整は10秒ほどで終わります。

続いて再検査です。
今の調整がうまくいっていなければ右か左を下にして寝ると2、3分以内に動悸が始まるはずです。

右を下にして5分経過。
動悸が始まりません。

疑って今度は左を下にして5分。
やはり動悸は始まりません。

一度起き上がってもらって座ってもらうと、2日前にぎっくり腰になった腰も楽です(^^)
検査をするとぎっくり腰も中脳からのサインでした。

つまり中脳に問題があることを動悸とぎっくり腰で表面にメッセージとして出していたのです。

その後どうなるのかは経過観察です。

動悸が出ずにゆっくり寝られるといいですね!

コアド整体院のHPに戻る   tel5

毎日起きていた頭痛→全身バランス&あたま!

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

今日は頭痛の症例報告です。

30代女性。

頭痛、立ちくらみ毎日します。。

痛くなるので、頭痛薬も毎日服用します。

 

色々探して当院にいらっしゃいました。

本日4回目でしたが、施術前にお聞きしたところ、この1週間は頭痛もなく過ごせたとのこと!

私もホッと一安心です(^^)

 

こちらの方は「胸を張り、腰を反らせてしまう」良すぎる姿勢の特徴がありました。

お伝えしたのは「もっと力を抜いてだら~んとしてください」。

 

いい姿勢を取らないと!という意識があるのはいいことですが、いい姿勢のイメージがずれていることと、無理が続くので、やっぱり疲れてしまうのです。。

 

・膝裏の圧痛の解放
・前傾した骨盤の調整
・緊張したあたまの調整

ここを調整して全身のバランスを整えます。

 

セルフケアは力を抜く練習を。

これだけで、毎日起きていた頭痛が治まるのですから、やっぱり体には不都合な姿勢だったのでしょう。

痛みがあるということは体で何らかの不都合が起きているよ!というサインです。
どんなサインなのかを体から聴き取ることは少し難しかったりするケースはありますが、一度自分を見つめなおすとあっさり見つかる場合もあります。

分からなかった場合は私がお知らせしますのでご安心ください(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

アトピー性皮膚炎→胃・腸・肝臓・腎臓!

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

当院には腰痛でお悩みの方が多くいらっしゃいます。

ですが、当初の目的を達成すると、次に気になる症状の改善を希望される方が多いです。

以前は腰痛の改善→肩こり、頭痛の改善を!という方が多かったですが、最近は

・禁煙

・人間関係の改善

・人生を好転させる

これらを「整体」で実現しています。

 

これはさすがに難しいかな、というものでも意外とお力になれます。

ぜひご相談ください。

 

さて今回はタイトル通り、「アトピー性皮膚炎」です。

これも整体で改善できます。

 

原因は内臓ですが、特に内臓を触るわけではありません。

まずは治療前。

1

肘の部分です。

両肘ともかさつき、かゆみがあり、乾燥しています。

全体的に血色もあまりよくないようにも見えます。

 

こちらが3か月後です。

2

大分皮膚の状態が良くなりました。

かゆみも当初に比べるとかなり減ったようです。

乾燥も大分改善しました。

全体的な血色も良くなりました。

 

私としてはまだまだだと思っていますが、ご本人には喜んでいただいて、ホッとしています。

さらに3カ月経てばもっと綺麗になると思います(^^)

ご本人も生活習慣の改善も頑張ってくれているので、私も頑張ります(^^)

(※ご本人の許可を得て公開しています)

 

コアド整体院のHPに戻る   tel5

ぎっくり腰多発しています!

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

11月下旬からぎっくり腰になってしまった方が多いです。

 

そもそもなぜこの時期に?何が原因で?どうすればいいの?

腰だけでなく、体で何が起こっているのか、その原因は未だによく分かっていません。

 

ですが痛みに関しては体からのサインなので、何かしらの不都合が体の中で起こっています。それらのサインを紐解いていく必要があります。

 

まず

動けるのなら・・・動いて治す。

動けないのなら・・・楽な体勢で休む。

 

動いてさらに痛くなったらどうしよう。。

そんな思いから安静にしてしまう方は多いですが、動けるのなら動いたほうが早く良くなります。

ですが無理はよくないです。

動かせる範囲内で気持ちよく動かしましょう!

 

動かせない場合は体からの「緊急停止命令」と理解してください。

知ってか知らずか、今まで無理をしてきてしまったのでしょう。。

体を労わってあげてください。

 

そして、二度と繰り返さないよう、日ごろから労わってあげてください(^^)

 

痛いときだけ何とかその場をしのぐと、忘れたころにまたぎっくり腰になります。

それはクセになっているわけではなく、労わっていないから(^^)

毎日せっせと動いてくれることに感謝しましょう!

 

体は未だに分かっていないことが多いです。

痛みの原因を探すことよりも、痛くならないように日ごろから気を付けるほうが大切です。

 

ぎっくり腰に限らず、もし何らかの痛みが出てしまったときは、それをきっかけに日ごろの生活を見直しましょうね!

コアド整体院のHPに戻る   tel5

息がしづらい→あたま!

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

60代女性。

息苦しい症状。

早速検査。

 

身体はほぼ問題ないもよう。

ただし、あたま。

 

脳を守るようにとても硬くなっています。

柔らかく緩めていくと、とても気持ちがいいとのこと。

しばらくすると、足までポカポカ。

 

防御反応。

自分を守るためですが、そこまでしなくても大丈夫(^^)

 

表情も柔らかくなり。

もうしばらくすればこの方も元の元気な状態に戻るでしょう(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

PMS時の手首痛→骨盤から

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

先日いらっしゃった40代女性の方。

腰痛などは特にありませんが、生理前に手首が痛くなるとの事。

でも生理が始まれば痛みは治まる。

それをずっと何年も繰り返してきたようでした。

 

早速検査です。

検査をすると手首の関節の痛みが骨盤の右側の関節の歪みと連動していることが分かりました。

どういうように歪んでいたかというと、骨盤の真ん中の仙骨という骨が3次元的に前+横+回転していました。

 

だだし注意。

手首と骨盤のゆがみがこの方は連動していましたが、誰でもそうではありません。

検査をして出た結果です。

 

歪んでいた仙骨を調整して生理前になる時期を待ちました。

そして伺ったら、「いつもよりも断然手首が楽でした!」とのこと。

 

「まっすぐに立つ」

これが基本です。

これが崩れた時に何らかの症状が体にサインとして出ます。

 

この方の場合は「骨盤の右が歪んでいるよ~」というものを手首からサインを出していました。

 

男性には分かりづらい症状ですが、お役に立てて良かったです(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5