動悸とぎっくり腰→中脳からのメッセージ

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

50歳を過ぎると色々な症状が出やすくなります。

よくあるのが「更年期障害」。
女性ホルモンの影響でさまざまな症状を引き起こすものです。

その一つが「動悸」。

病院に行ってもイマイチ原因がはっきりせず、自分は更年期なのか?心臓が悪いのか?呼吸がしにくいから肺か?など不安ばかりが先行してしまいます。。

先日いらっしゃった50代女性もまさにこの例でした。

座っていると少しドキドキする。
緊張している時に近い感覚。

2、3分横になっていると動悸が始まります。。
ただし、あおむけの時はならない。
右か左を下にして寝ているとあの嫌な感覚が始まってきます。。
しかも毎日。。
ツライですね。。

早速検査です。
当院は病院では原因不明と言われた症状の原因を追究することが得意です。

この方の検査の結果は「脳」に出ました。
もっと細かく言うと「中脳」という部分です。
中脳が機能低下を起こしていました。

脳幹の一部でとても大事な部分です。

主な役割は「視覚・聴覚・体の平衡・姿勢反射に関する中枢」です。
さきほど言った「右か左を下にして寝る」ここがまさに姿勢反射です。

フル稼働できる6割ほどしか機能しておらず、これは大問題です。

この問題を体に教えるために動悸として症状を表に出し、本人に異常があることを訴えていました。

ですが、一つの問題が。

それは当の本人ですら、動悸の原因が脳の異常であるということが分からないのです(T_T)
それはドクターでも分からない場合も多いので、仕方ないとも言えます。。。

早速調整します。
調整は10秒ほどで終わります。

続いて再検査です。
今の調整がうまくいっていなければ右か左を下にして寝ると2、3分以内に動悸が始まるはずです。

右を下にして5分経過。
動悸が始まりません。

疑って今度は左を下にして5分。
やはり動悸は始まりません。

一度起き上がってもらって座ってもらうと、2日前にぎっくり腰になった腰も楽です(^^)
検査をするとぎっくり腰も中脳からのサインでした。

つまり中脳に問題があることを動悸とぎっくり腰で表面にメッセージとして出していたのです。

その後どうなるのかは経過観察です。

動悸が出ずにゆっくり寝られるといいですね!

コアド整体院のHPに戻る   tel5

ぎっくり腰多発しています!

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

11月下旬からぎっくり腰になってしまった方が多いです。

 

そもそもなぜこの時期に?何が原因で?どうすればいいの?

腰だけでなく、体で何が起こっているのか、その原因は未だによく分かっていません。

 

ですが痛みに関しては体からのサインなので、何かしらの不都合が体の中で起こっています。それらのサインを紐解いていく必要があります。

 

まず

動けるのなら・・・動いて治す。

動けないのなら・・・楽な体勢で休む。

 

動いてさらに痛くなったらどうしよう。。

そんな思いから安静にしてしまう方は多いですが、動けるのなら動いたほうが早く良くなります。

ですが無理はよくないです。

動かせる範囲内で気持ちよく動かしましょう!

 

動かせない場合は体からの「緊急停止命令」と理解してください。

知ってか知らずか、今まで無理をしてきてしまったのでしょう。。

体を労わってあげてください。

 

そして、二度と繰り返さないよう、日ごろから労わってあげてください(^^)

 

痛いときだけ何とかその場をしのぐと、忘れたころにまたぎっくり腰になります。

それはクセになっているわけではなく、労わっていないから(^^)

毎日せっせと動いてくれることに感謝しましょう!

 

体は未だに分かっていないことが多いです。

痛みの原因を探すことよりも、痛くならないように日ごろから気を付けるほうが大切です。

 

ぎっくり腰に限らず、もし何らかの痛みが出てしまったときは、それをきっかけに日ごろの生活を見直しましょうね!

コアド整体院のHPに戻る   tel5

歯の治療が腰痛を引き起こす

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

Mさんの症例をご紹介します。

Mさんは以前足のしびれで整形外科に行き、ブロック注射をしていましたが、効果が出ず、当院にいらっしゃいました。

足など3回の調整でかなり良くなり、その後は安定していましたが、突如として腰痛が出現します。

 

よくよくお話を伺うと、歯の治療を始めたとのこと。

歯医者さんの治療ベッドかな~なんておっしゃっていましたが、そうではなく歯!あご!

 

歯やあごは簡単に言うと腰との連動性もあるので、顎を整えると腰も整うということです。

 

Mさんの場合は顎関節を調整すると腰の調子が良くなります(^^)

ですが歯の治療が終わっていないので、歯医者さんに行くとまた腰の調子が崩れます(T_T)

 

これは・・・早く歯の治療が終わってほしい。

コアド整体院のHPに戻る   tel5

間欠跛行を伴う坐骨神経痛→仙骨と腸骨でスッカリ良くなりました!

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

50代女性。

酷い坐骨神経痛です。

 

タイトルの「間欠跛行」とは「歩いていると足がしびれてくるが、しばらく腰を丸めて休んでいると治る」という意味です(^^)

 

坐骨神経痛の症状は起こりやすいのですが、この間欠跛行を伴うものはそれほど多くありません。

 

ですが、坐骨神経痛の原因の多くが骨盤を構成している仙骨と腸骨の位置関係の乱れなので、それさえ戻してあげればあっけなく良くなることが多いです(^^)

 

この女性もしんどそうに院に入ってこられましたが、ちょっとのことで良くなり、とても喜んでくれました(^^)

やっぱり治療家は来られた方が喜んで帰ってくれることが何よりうれしいのです(^^)

 

喜んで帰って頂けるよう、日々スキルアップしてお待ちしています(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

Aさんの腰椎すべり症の腰痛④→かゆみまで消失!

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

久しぶりにAさんを。

最近は少し腰が痛むかな、程度で安定しています(^^)

 

状態が安定してくると、それまで困っていたことも合わせて良くなっていきます。

・お風呂上りのかゆみ

・静脈瘤

・間食の量

 

静脈瘤を消す施術は行っていません。

状態が安定してきているだけです。

 

かゆみを抑える施術は行っておりません。

状態が安定してきているだけです。

 

そうなると「体は勝手に良くなっていく」ということを証明しているだけのように感じます。

 

「ボキボキ」などダイナミックな施術はしていませんが、地道な調整をコツコツ行うことで、地味に整います(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

Bさんの腰椎すべり症の腰痛⑤→やっぱり調子いい!→ついでに肩まで

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

もう終わりかと思っていたBさんネタ。

まだ続きがありました。

 

先日のBさん。

やっぱり調子がいい!との事。

そしたら何と「40年前からの肩こりまで何だか軽い」とのこと!

 

この時初めて知りました。

・・・Bさんが肩こりにも悩んでいたことをm(_ _)m

スミマセン。。。

 

ウチのやり方はとにかく今体がどうなっているのか。

骨や内臓、脳をよく観ます。

問題があればその部分を調整します。

筋肉が凝っていてもあまり気にしません。

なぜなら骨や内臓の影響で結果的に凝っているだけだから。

 

なので、肩が凝っているから肩をマッサージしたりしません。

腰が痛いから腰をボキボキするようなこともしません。

もんで欲しい人には満足して頂けない整体です。

 

と前置きが長くなりましたが、Bさんが肩が凝っているかどうかは検査をしなかったし、話にも出てこなかったので知りませんでした。

それぐらいBさんにとっては肩よりも腰を何とかしたかったのでしょう。

 

結論から言えば、すべり症を改善したことで、背骨に安定感が増し、肩への負担が減り、結果的に凝っていた肩が楽になった、ということです。

いまだにBさんの肩には一回も触れていないので、どんな感じかは分かりませんが、Bさんが楽だ!とおっしゃっているので、私は満足です(^^)

 

コアド整体院のHPに戻る   tel5

Bさんの腰椎すべり症の腰痛③→調子がいい!

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

前回のBさん。

良く変化が分からないということでしたが、その後、、、すごく調子が良くなってきました!

 

良くなってきたというのもそうですが、本人の見方も変わりました。

 

良くある話ですが、

痛みが半分になったとして、

半分もまだ残っている、、、

と感じるか、

半分も無くなった!やったー!

と感じるか。

 

表情からして、Bさんは以前は前者でしたが、前回後明らかに後者に。

 

それもあり、さらに体の安定感が増し、「いている時に体の中の方が使えているような気がする!!」とまでなりました!(スバラシイ!!)

 

状態も良くなってきたので、施術の間隔を開けていっても恐らく大丈夫でしょう(^^)

良かった良かった(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

Bさんの腰椎すべり症の腰痛②→変わっていない??

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

前回の続きです。

2回目の施術。

「前回からどうでしたか?」とお聞きすると「前回と変わっていない」とのこと。

 

ですが、、

①立った時のつまり感がない

②前屈した時のつまり感もない

③後屈した時の角度が広がっている

など。

 

本人に「これでも変わっていませんか?」と確認すると「・・・変わってますね(^^)」と。

何が言いたいかというと、人の感覚はあいまいだということなのです。

 

例えば前屈をした時に

①どこまで倒れたか

②どこまで倒したときにどこに痛みや違和感が出たのか

などを覚えておいて、今やった時と比較をする。

そうやっていくと、変化を実感できます(^^)

 

施術後もさらに動きが良くなり、次回もどうなるのか楽しみ。

 

続く

コアド整体院のHPに戻る   tel5

靴が履ける!

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

40代男性の方。

オシャレでめっちゃカッコイイです(^^)

 

ですが、腰の痛み、肩が上げづらい、首の痛みがあります。

 

早速検査です。

確かに筋肉は硬いですが、それよりも気になったポイントは骨。

背骨が真っ直ぐなのです。

いわゆるフラットバックというタイプなのです。

 

背骨は横から見た時に緩いS字のカーブを描いています。

このカーブがばねの作用で衝撃を吸収してくれるのですが、これがない、もしくは少ないと衝撃が腰にかかってしまいます。

この方はまさにこのケースです。

 

背骨の柔軟性が出てきたら腰痛、肩の動きも良くなってきて、「靴が履ける~!」と喜んでいました(^^)

うれしいなぁ~(^^)

 

でもこの方、大人なんですよね。

落ち着いていて、物腰が柔らかくて、おまけにオシャレで(^^)

 

こんな大人の男になりたいと思いました(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

腰椎すべり症の腰痛③→思考まで前向きになりました!

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

腰椎すべり症の腰痛の方の続きです。

この方、実は1回の施術でかなり良くなりました(^^)

その後はどうなったかというと、

「腰が良くなったら思考まで前向きに変わりました!」とのこと。

これは本当に素晴らしいことです。

 

逆に言うと腰痛が思考にまで影響を及ぼしていたという事になります。

 

仕事・家庭・趣味・運動など。

例えば何かをしよう!頑張ろう!と思っても「でも腰が・・・・」という事が原因で二の足を踏んでいたのです。

これは勿体無い!

 

でもこの方は変わりました!

今では元気になり過ぎて困ってしまうほどです(^^)

 

調子が良くなっていく方をみると、こちらまで元気になってきます(^^)

 

引き続きしっかりサポートしていきます!

コアド整体院のHPに戻る   tel5