抜歯が体に及ぼす影響

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

今日は「抜歯が体に及ぼす影響」についてです。

先日当院クライアントさんが親知らずの抜歯を行いました。

目的は

①親知らずが大きく、周りの歯に影響が出始めた

②顔面神経のトラブル解消

です。

 

抜歯する前に口周辺へのしびれなどもあり、頭蓋骨に重点を置き、体の調整を行ってきました。

最初あった痛みの8割ほどなくなり、だいぶ良くなりました。

 

そこで以前から気になっていた親知らずを抜いておきたい!いうことになりました。

ただ抜歯前に「この顔面神経痛と親知らずは関係ないかもよ」とお伝えしていましたが、この際だから抜いておきたいとのこと。

 

そして抜歯。

すると・・・

①気分が悪くなり、倒れて救急車で搬送

②食欲不振

③原因不明の下腹部痛

 

私もまさかここまでの症状が出るとは予期できず、事前にお伝えできず申し訳なかったのですが、現在は安定しているとの事。

思い返してみると、随分前にも同じように抜歯をした後に調子が悪くなったようです。

 

良くも悪くもバランス。

今ある状態で体は安定していますが、そこに急に1本歯がなくなると体はバランスを崩します。

 

「あと1カ月もすれば親知らずのない、今の状態で体もバランスがとれるようになってきますので、大丈夫ですよ」とお伝えしたところ、「何か病気なのではないかと思ったが、それを聞いて安心しました」との事(^^)

既にいろいろ検査をして問題ありませんでしたので、改めて口に出してお伝えしました。

不安な気持ちを取り除くだけでも余計な力は抜け、体は落ち着くのでお役に立てて良かったです(^^)

 

親知らずの場合は特殊ですが、あまり歯を抜いたり削ったりしないで済むよう、歯のケアもちゃんと行おうと痛感しました。

今後もクライアントさんで同じようなケースがある時は事前にこういうこともあったよ、とお伝えしよう。

 

 

コアド整体院のHPに戻る   netyoyaku  

コメントを残す