顎関節症→左足のねじれから

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

当院は腰痛を改善したい方が大多数ですが、腰痛もあるけど、一緒に肩こりや頭痛も改善したいという方も多いです。

そこで最近いらっしゃった、顎関節症の方のレポートをしたいと思います。

 

40代女性、立ち仕事の方です。

お困りの症状は腰痛、肩こり、背中痛、頭痛、顎関節症と一言でいえば全身痛。。

こういう時は一歩引いて観ると分かりやすいです。

 

この方は立ち仕事なので、立ち方を確認します。

確認すると、左足が外側にねじれています。

簡単に言うと「休めの姿勢」ですね。

左足を外に向けてその足の方に体重を乗せて立つ立ち方。

これを一日中やっています。

 

これをずっとやり続けていると体はどうなるのか。

その足の向きに足が歪みます。

そしてその足に引っ張られるように腰、背中、首が緊張し、痛みが出ます。

 

こういう時はどうすればいいかというと、ねじれている足を整えます。

そうすると引っ張られていた腰、背中、首が楽になり、痛みが無くなります。

 

この方はまさにこのパターンで、足を整えるだけで首が楽になり、後は顎の調整をすればOK!となりました。

 

地道ですが、やっぱり大事な「立ち方」。

 

患部に気を取られないで一歩引いて観る。

いい症例でした。

 

新海

コアド整体院のHPに戻る   tel6   netyoyaku