足底筋膜炎 吉祥寺在住/30代/男性

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

先日足底筋膜炎の方がご来院されましたので、その症例報告を。

・2年前から痛みあり

・当時大学病院で検査してもらい、「足底筋膜炎」と診断されるも特に治療はされず

・「タオルをつかむ」や「インソール」などのケア法を教えてもらい、実践するがあまり変化なし

・今では電車で立っているだけでも痛み有

・朝起き抜けの一番から歩けない

など。

 

早速体のチェックをするとビックリ。

全身の筋肉が凄く硬いのです。

 

いつもお伝えしていますが、痛みは「結果」です。

全身のバランスが崩れたり、疲れたり、睡眠不足だったり。

その結果どこかに痛みが出るのです。

なのでその辺りを見直すと痛みは自然と良くなります。

 

お聞きすると

・運動はしていない

・ストレッチはしていない

・お風呂はシャワー

この3点セットの方って実は多いですよね・・。

 

全身調整後に歩いてもらうと「痛くない・・かも」という反応。

痛いと恐る恐る歩いたり、かばったりしてしまうので、ぎこちなくなるのは当然。

でも「痛くない」ということを脳が認識できるとまた普通に歩けるようになります。

 

最後に歩き方の練習を。

最初いらっしゃった時とは別人のような歩き方に!

これで痛みも再発しにくいです。

 

次回は2週間後。

どうなっているか楽しみです(^^)

 

コアド整体院のHPに戻る   netyoyaku  

整体で産後の恥骨痛は改善できます。

こんにちは!

腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

今日は産後のトラブルに多い【恥骨痛】についてです。

そもそも恥骨ってどこ?という方もいらっしゃるかもしれません。

場所はこちらから。

bone_pelvis_f_m

骨盤の中央に近い、ピンク色で塗られた場所ですね。

左右の寛骨が恥骨結合で組み合わされ、腰周辺の骨を総称して【骨盤】と言います。

 

この中でも産後のママさんが痛くなる場所がこの【恥骨結合】の所です。

なぜ産後のママさんに多く見られるトラブルなのか?

それは【出産時に骨盤が開くから】です。

骨盤は通常時でも若干は開いたり閉じたりしますが、この出産のときほど開くときはありません。

産後骨盤は閉じますが、産前と同じように戻るケースばかりではありません。

若干違和感があったり、少しずれていたり。

その結果、恥骨や仙骨など骨盤のどこかに痛みや違和感を出してしまうのです。

 

では当院ではどのような施術を行うのか?

まずは検査です。

検査法は色々あると思います。

実際に触診される先生もいらっしゃると思いますが、当院では触診による検査は行っておりません。

理由:かなりデリケートな部分であり、その方によって触診することでトラブルになる可能性があるから

 

触診をしない代わりに当院では動診(足を上げたり、倒したり、動かしてもらって、どの動きで恥骨が痛くなるか)を確認しています。

 

痛い動きを伴う施術も行っていません。

楽で気持ちがいい動きのみです。

 

ここ数名、恥骨痛のママさんがいらっしゃっていますが、3回の施術で痛みはほぼ改善しています。

(何回でよくなるかは個人差があります。)

 

どこにいったらいいのかお困りな方は一度ご相談ください。

コアド整体院のHPに戻る   netyoyaku