子育てと腰痛|吉祥寺コアド整体院

電話マーク0422-26-8498
10:00~20:00 火祝休
予約優先制 1日8名様限定

子育てと腰痛

小さいお子様がいるママさんは大変です。
抱っこをすると腰は反り、オムツを変えるときは逆に丸まる。
負担のかかりにくい、中間の姿勢がほぼありません。

ではどうしたら腰痛を軽減できるか?
①抱っこの時に腰を反らしすぎないようにする
②腕力で抱っこする時をたまに作る
③抱っこしていないときに腰痛にいい体操をする

一つずつ見ていきましょう。
「①抱っこの時に腰を反らしすぎないようにする」に関して
お子さんを前で抱っこすれば必ず反ります。
ですが、反りすぎると腰痛になるので、「反りすぎないように」と意識するだけで、腰への負担はかなり変わります。

「②腕力で抱っこする時をたまに作る」に関して
腰だけで支えるには限界があるので、たまに腰を楽させるために腕力を使って抱っこをしましょう。
ただし、これも限界はあります。
腕だけで抱っこしすぎると今度は腕がパンパンになるので、腕が疲れてきたら腰で抱っこ。腰が疲れてきたら腕で抱っこです。
手首を曲げると腱鞘炎になりますので、極力曲げないように気をつけましょう。

「③抱っこしていないときに腰痛にいい体操をする」に関して
お子さんが寝ている時間が腰痛改善の最大のチャンスです。
簡単にできる体操はゆっくりリズミカルに腰を反ったり丸めたりすることです。
反る方向が痛ければ反る方向は軽く、丸める方向は出来るだけ深く。
決して無理はせず、痛いけれど気持ちがいい範囲内で行いましょう。

↑ PAGE TOP

コアド整体院の電話番号