側弯症によるふくらはぎの違和感と肩こり

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

今日の内容は側弯症に関してです。

側弯症はご存知でしょうか?

簡単に言うと、背骨が横に歪む症状です。
横というのは後ろから見て背骨が左右に曲がる状態を指します。

これは遺伝でなる方もいらっしゃいますし、小さい頃は真っ直ぐでも学生の頃から歪み始める方(思春期側弯症と言います。)もいらっしゃいます。

さて側弯症の方は当院にも通院されていらっしゃいますが、お困りの症状は肩こり、腰痛、ふくらはぎ痛。

この3つが多いです。

肩こりと腰痛は何となく想像できても、なぜふくらはぎ?と思われるかもしれません。

側弯症の方のふくらはぎ痛のほとんどの方が「股関節」が原因です、と言い切ってもいいぐらい関係はあります。

背骨が横にゆがんでしまっているので、背骨がうまく骨盤の上に乗っていません。

それを補うために股関節は人知れずいつも頑張っています。

股関節が悲鳴を上げ始めると、ふくらはぎに違和感が出る、そのような流れです。

そのため、ふくらはぎが悪いわけではなく、「股関節がもう限界だよ~」というサインです。

 

肩こりもそうです。

側弯症の方の肩こりは背骨と骨盤に原因があります。

なので、肩が悪いわけではなくて、「背骨と骨盤を調整しておくれ~」というサインです。

 

今日いらっしゃった側弯症からの肩こり、ふくらはぎ痛の方も肩やふくらはぎには目もくれず、毎回、背骨、骨盤、股関節を調整しています。

「今日はどうですか?」とお聞きしたら「この1週間ほぼ問題なかったです!」との事なので次回は2週間後に調整します。

2週目は少し疲れるかもしれませんが、恐らく大丈夫でしょう(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

寝違えとぎっくり腰→勉強になりました!

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

先日初めての方がいらっしゃいました。

主訴は「寝違えとぎっくり腰」。

両方同じ日になってしまったので、もうタイヘンです。。

 

どちらも共通していることが「急に痛くなってしまう」というところ。

あともう一つが、「今したことが悪いわけではない」というところです。

 

例えば

・まくらが合わなかったから寝違えた

・下のものを拾おうとしたらぎっくり腰になった

 

確かに上の二つはよくありますが、これらは全て「きっかけ」。

痛みの原因ではなく、これらのことはきっかけにすぎないのです。

どういうことかというと、こちらの方は前日まで首や腰に痛みはありませんでしたが、いつ痛みが出てもおかしくないぐらいの、ぎりぎりの状態だったのです。

ぎりぎりの状態で下のものを拾おうと前かがみになったとたん、体が限界を超え、痛みが出てしまうのです。

つまり、気が付かないうちに20点の体になってしまっていたから、痛みが出てしまったので、せめて60点ぐらいの状態を維持すれば寝違えやぎっくり腰にはならないよ、ということなのです。

 

労わってあげればいいのです(^^)

 

背骨や骨盤などの役割を説明したら、「とても勉強になりました!」「どの本に書いてありますか?」と言われましたので、色々と参考書を見たのですが、どれも難しく書いてあり(^^;;

 

とにかく元気に帰って行かれたので良かったです(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5