フルモニ#1

こんにちは!コアド整体院の新海です。

現在私は「今年やる事リスト」の中から【フルモニ】を実践しています。

そもそも【フルモニ】とは?という方もいらっしゃると思いますので、簡単に概要を説明します。

フルモニとはフルーツモーニングの略で、簡単に言うと、「朝食に果物を摂りましょう」ということです。

・・・簡単すぎる説明ですね(笑)

 

【始めたきっかけ】

今年の初めに前職場の新年会にお呼ばれしました。

駅前の居酒屋さんに集合したのですが、そこで早く到着した私は早速お肉を大量注文。

(お肉がウリのお店だったので)

ですが順次到着する前職場スタッフ達はお肉には手を付けず、お通しのキャベツをこれでもか!というぐらいに食す。

草食動物か!と思わず突っ込みたくなるほどでしたが、せっせと食物酵素を摂取しているのです!

そこに院長マツダさん到着。

そこでマツダさんから【特別フルモニ講座】が始まるのです。

「朝のくだものは金」ということわざがあるように、朝食に果物を摂る事は良い事は知っていましたが、詳細なことまでは知りませんでした。

色々と教えてもらい、今まで食事療法をしたことがなかった私はまずは試しにと、切りのいい2014.2.1から始めることにしたのです。

 

【どういう効果があるの??】

ところでこの【フルモニ】。どんな効果があるのかということの説明を。

果物の摂取の最大の目的は【酵素の摂取】です。

酵素の役割は消化・吸収・解毒・排泄の手助けです。

体内の酵素が不足すると、消化吸収など代謝能力が落ち、血液が濁り、最悪は病気になってしまうのです。それぐらい酵素は健康に過ごすためには必要なものなのです。

 

消化には実はかなりのエネルギーを必要とします。

消化に必要なエネルギーを使い、残ったエネルギーで排泄などを行います。

朝食を果物にすることで消化に使うエネルギーの節約にもなります。

酵素の摂取で代謝能力が上がり、余ったエネルギーが解毒・排泄に回り、体の中からキレイになっていくのです。

 

ということで、フルモニの最大の目的は【代謝アップ】ということになります。

 

【今までの私】

仕事のある日の朝食は日本人のオーソドックスな朝食(ご飯・味噌汁・焼き魚)を摂る事が多かったです。

「しっかり食べないとお腹が減り、仕事に支障が出る」という強迫観念もありましたから、お腹がすいていなくてもせっせと食べていました。

その結果・・・よくお腹を壊していました(笑)

要は折角食べても体が拒絶していたわけです・・。

朝が弱い私が起きてから3分後にこのような食事を摂るのですから、内臓も全く起きていません(笑)

見て見ぬフリをしてきましたが、ようやくこの部分にメスが入るのです。

 

【始めて10日経ちましたが】

少しずつ変化が出てきました。

変化①「数字」

分かりやすいのが体重。久しぶりに計ってみると体重:63.8キロ、体脂肪:20%の驚愕の数字・・。

まずビックリですね。体重・体脂肪ともに私のイメージをはるかに超えていました。

2/10現在体重:62.8キロ、体脂肪:20%と1キロのダウン。お腹周りが少しスッキリしました。体脂肪・・。

 

変化②「朝の目覚め」

朝の弱かった私ですが、目覚ましが鳴る前に目が覚め、朝の眠さをあまり感じなくなりました。

変化③「朝の腹痛減」

これはそれはそうです。

今まで寝ている内臓を起こして無理矢理食べ物を入れていた訳ですから。

変化④「意外とお腹が空かない」

思っていた以上に空腹感がありません。

10時頃に波がやってきますが、それを超えると14時ぐらいまでは平気です。

【最後に】

現代人は私含め、誰しもが「食べ過ぎ」です。

過剰にカロリーばかり摂取して、必要なものを摂れていないのです。

人の体は自分が食べたもので出来ています。

肩こり・腰痛などの症状も姿勢やストレス以外に「何をどれだけ食べているか」も原因に含まれます。

一度食事も見直しましょう!

また一か月後の経過報告もします。

お楽しみに。

 

コアド整体院(http://coad-seitai.com/
新海

コメントを残す