高血圧と減塩は無関係です。

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

今回は高血圧と減塩の関係についてです。

もうご存知の方も多いと思いますが、タイトルの通り、高血圧と減塩は関係ありません。

つい先日もNHKで高血圧→減塩しましょう!という特集はやっていましたが、この情報は正確ではありません。

例えば、30年前はトレーニングの一環で、
①うさぎ跳びをしましょう!
②運動中は水は飲まない!

というのが当時は一般的でしたが、今では誰もしていません。

これと同じです。
30年前は高血圧→減塩という考え方は一般的でしたが、これはもう古い考え方です。

なぜ血圧が高くなるのか、そのメカニズムを理解すれば減塩しても変わらないということが理解できるでしょう。

まず血圧のメカニズムについて。

血圧は文字通り、血液の送り出される圧力のことです。

心臓のポンプが血液を送り出します。その強さを表しています。

血圧は高くなったり低くなったりしますが、これは自律神経がコントロールして、最適な圧力で血液を送り出しています。

そのため、高血圧になったからまずい!というわけではなく、圧力を高くして血液を送り出す必要があるため、結果として高血圧になる、と解釈してください。

なので、血圧の数値だけ勝手にコントロールして下げると危険です。

ではなぜ高血圧になるのか?

それは

①血液がドロドロしていて流れにくいから

②血管の壁が硬く、血液が流れにくいから

このどちらかです。

減塩すると①と②が解決出来ると思いますか?
塩の成分が邪魔をして血液がドロドロすると思いますか?
塩が原因で血管の壁が硬くなると思いますか?

これは明らかにNOです。

塩に限って言うのでしたら、減塩では無く、増塩すべきです!

ただし、摂取する塩は食卓塩(精製塩)ではなく、天然塩です!

S__4235277

この理由を説明します。

塩の主な成分はナトリウムです。

もし仮に減塩するとなると、塩分、つまりナトリウムを摂らないことになります。

ナトリウムが不足すると腎臓から血液を上げよう!というホルモンが分泌されることが分かっています。

もうこれだけでお分かりだと思います。

ナトリウム不足、つまり減塩が高血圧をもたらすのです。

 

では塩なら何でもいいのかというとそうではありません。

食卓塩は塩化ナトリウムが99%以上含まれた、ミネラルバランスが崩れてしまった、人工的な塩に対し、天然塩は塩化ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど、ミネラルバランスが血液に近い、理想的なバランスの塩です。

 

つまり、天然塩の摂取→ミネラル補給→腎臓から血圧を上げるホルモンが分泌されない→血圧は上がらないのです。

 

どの塩を買うべきか分からなければ、塩が売られているパッケージの裏にマグネシウムやカリウムなどの成分表記があります。

塩化ナトリウムしか書いていない、もしくは500グラム200円ぐらいで販売されているものは食卓塩です。

一方このHPにあるような塩はミネラルバランスが整った天然塩です。

https://www.uminosei.com/

ここの塩は500グラムで1000円以上します。

一見高いように感じますが、このような天然塩を摂取しておくと、病気にもかかりにくくなり、病院代もかからずに済みます。

 

ほとんどの方がミネラル不足です。

ミネラルをしっかり摂取すれば自然と血圧は下がってきます。

天然塩をしっかり摂取して、ミネラルを補いましょう!

201907142

コアド整体院のHPに戻る   tel5

友達に紹介しにくい整体

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

今日の内容は「友達に紹介しにくい整体」です。

これだけでは良く分からないと思いますので、先日いらっしゃった方との会話を引用して説明したいと思います。

先日いらっしゃった50代女性。
仮にTさんとします。
お友達とテニスをすることが趣味です。(いいですね!)

ですが、この3年ぐらいでぎっくり腰を何度かするようになってしまい、鍼灸院やカイロ、整体など何カ所も行かれたようです。

ですが、どこに行っても期待するような効果が得られず、数日前に片づけをしていた拍子にまた腰が痛くなり、HPで探して当院にいらっしゃいました。

初回の施術から10日ほど経った頃に2回目いらっしゃいました。
この10日間どうだったかお聞きしました。

私「前回から腰の痛みはどうでしたか?」

T「とても良くなってビックリしました!」

私「そうでしたか。それは良かったですね!」

T「良くなったからまたテニスしちゃいました」

私「まだ治りかけなので、気を付けてくださいね」

T「分かりました!」

 

T「テニス仲間の方たちも腰の調子がイマイチの人もいるので、紹介したかったんです」

T「友達も興味がある人が多く、「どんな施術?」って聞かれたのですが、うまく答えられなくて・・・」

T「先生は整体ですか?カイロですか?」

 

という経緯がありました。

私の施術は何をしているのか分かりにくいので、実はこれって結構ある話なのです。

(分かりにくくてスミマセン。。)

 

でも例えば飲食店をお友達に紹介するときも実はほぼ同じですよね?

・とても〇〇で美味しい

・〇〇を使っていて美味しい

 

だいたいこれに近いと思います(^^)

 

整体でも

・ボキボキっとしてスッキリする施術

・筋肉を気持ちよくもみほぐしてくれる施術

だと分かりやすいですが、ウチはこのどちらでもありません。

 

「説明できませんでした」と言われたら私は大抵こういう風にお伝えしています。

 

「何をされているのか分からないけど、良くなる整体」

 

このことをTさんにお伝えしようと思ったら、まさに↑を言われたので、「それでお願いします」とお伝えしました(^^)

 

施術の好みはあります。

・筋肉をもんで欲しい人

・ボキボキしたくない人

・1時間ぐらいマッサージして欲しい人

 

どれでもいいと思いますが、私はそういう過程よりも施術で結果を出して、さらにいい状態でいつも過ごせるようにひと言アドバイスさせて頂いています。

コアド整体院のHPに戻る   tel5

側弯症によるふくらはぎの違和感と肩こり

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

今日の内容は側弯症に関してです。

側弯症はご存知でしょうか?

簡単に言うと、背骨が横に歪む症状です。
横というのは後ろから見て背骨が左右に曲がる状態を指します。

これは遺伝でなる方もいらっしゃいますし、小さい頃は真っ直ぐでも学生の頃から歪み始める方(思春期側弯症と言います。)もいらっしゃいます。

さて側弯症の方は当院にも通院されていらっしゃいますが、お困りの症状は肩こり、腰痛、ふくらはぎ痛。

この3つが多いです。

肩こりと腰痛は何となく想像できても、なぜふくらはぎ?と思われるかもしれません。

側弯症の方のふくらはぎ痛のほとんどの方が「股関節」が原因です、と言い切ってもいいぐらい関係はあります。

背骨が横にゆがんでしまっているので、背骨がうまく骨盤の上に乗っていません。

それを補うために股関節は人知れずいつも頑張っています。

股関節が悲鳴を上げ始めると、ふくらはぎに違和感が出る、そのような流れです。

そのため、ふくらはぎが悪いわけではなく、「股関節がもう限界だよ~」というサインです。

 

肩こりもそうです。

側弯症の方の肩こりは背骨と骨盤に原因があります。

なので、肩が悪いわけではなくて、「背骨と骨盤を調整しておくれ~」というサインです。

 

今日いらっしゃった側弯症からの肩こり、ふくらはぎ痛の方も肩やふくらはぎには目もくれず、毎回、背骨、骨盤、股関節を調整しています。

「今日はどうですか?」とお聞きしたら「この1週間ほぼ問題なかったです!」との事なので次回は2週間後に調整します。

2週目は少し疲れるかもしれませんが、恐らく大丈夫でしょう(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

寝違えとぎっくり腰→勉強になりました!

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

 

先日初めての方がいらっしゃいました。

主訴は「寝違えとぎっくり腰」。

両方同じ日になってしまったので、もうタイヘンです。。

 

どちらも共通していることが「急に痛くなってしまう」というところ。

あともう一つが、「今したことが悪いわけではない」というところです。

 

例えば

・まくらが合わなかったから寝違えた

・下のものを拾おうとしたらぎっくり腰になった

 

確かに上の二つはよくありますが、これらは全て「きっかけ」。

痛みの原因ではなく、これらのことはきっかけにすぎないのです。

どういうことかというと、こちらの方は前日まで首や腰に痛みはありませんでしたが、いつ痛みが出てもおかしくないぐらいの、ぎりぎりの状態だったのです。

ぎりぎりの状態で下のものを拾おうと前かがみになったとたん、体が限界を超え、痛みが出てしまうのです。

つまり、気が付かないうちに20点の体になってしまっていたから、痛みが出てしまったので、せめて60点ぐらいの状態を維持すれば寝違えやぎっくり腰にはならないよ、ということなのです。

 

労わってあげればいいのです(^^)

 

背骨や骨盤などの役割を説明したら、「とても勉強になりました!」「どの本に書いてありますか?」と言われましたので、色々と参考書を見たのですが、どれも難しく書いてあり(^^;;

 

とにかく元気に帰って行かれたので良かったです(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

私も頑張りますので、あなたも。

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

先日はお休みを頂いて、セミナーに参加していました。
お断りしてしまった方々、すみませんでした。。

さて。私がなぜセミナーに参加しているのか。

それはもちろん「知識と技術をアップデートして、来院された方の症状をより改善したいから」です。

ですが、来院される方にも分かって頂きたいことがあります。
特に初めて来院される方です。

HPにも書いていますが、それは「一回で改善できる割合には限りがある」ということです。

整体やカイロ、鍼灸など治療法はたくさんあり、それぞれ効果はありますが、そのすべては「魔法」ではありません。

魔法のようなものを期待されているのでしたら、その考え方はぜひ改めて頂きたいです。

全ての治療家が来院された方をちゃんと良くしたい!と思っています。

そして私と同様、常に知識と技術のアップデートを図っています。

なので、来院される方もお試し感覚で来院するのではなく、最初から通院する意思を持って、覚悟して来院して頂きたいと思っています。

施術では私が頑張ります。
なので、家に帰ったらあなたも頑張ってほしい。
自分で出来ることはたくさんあります。

全てを施術家任せにするのではなく、自ら取りに行って欲しい。
そう思っています。

コアド整体院のHPに戻る   tel5

繰り返すギックリ腰の本当の原因

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

今日のテーマは「繰り返す痛み」です。

良くお聞きします。
良くなるけど、またしばらくしたら痛みがぶり返してしまう。。

では何が問題なのでしょうか??

ところで。
今日ご来院が2回目のクライアントさん。
症状は腰痛。
お聞きすると、ここ10年でギックリ腰を5回してしまったとのこと。
これだけ繰り返すと、「あ。この感じは!そろそろ気を付けないと嫌な予感がする」とぎっくり腰の前兆を感じ取れるようになります。

 

ギクっとくる直前でいらっしゃいました。

立ち姿を見るとなぜ10年で5回もギックリ腰になってしまったか、すぐに分かりました。

ものすごい反り腰なのです。

反り腰とはこのような姿勢です。

sorigoshi-image

重要なことは「ご本人が反り腰であることに全く気が付いていなかった」ということ。

 

反り腰になると全身のバランスが崩れ、腰痛だけでなく肩こりは頭痛などあらゆる症状が起こりやすくなります。

さて。こちらの方が本日2回目のご来院でしたので、前回の初回の施術後はどうだったかお聞きすると、痛みの度合いが10→1か2ぐらいにまで下がったとのこと。

1回目の施術で大分痛みが減ったので、狙ったポイントは成功だったということでしょう(^^)

ですが、一番大切なことは「ギックリ腰を繰り返さないようにする」ことなので、今日は真っ直ぐに立つ練習も。
うまく出来ていたので、おそらくこの方は今後この姿勢を無意識に取れるようになればギックリ腰の再発は防げるでしょう。

正しい姿勢を身につけることで再発防止につなげる、とても大切なことです。

次回が楽しみです(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

ウエストがくびれました!

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

2019年が始まりました。
今年も皆様のお役に立てるよう、頑張ります。
どうぞよろしくお願いします。

さて今日のブログは「ウエストのくびれ」です。
50代女性。
この方が最初に自分の体のゆがみに気が付いたときはもう20年以上前とのこと。
しかも指摘された時が20代の「お産の時」でした。

自分では足を左右均等に開いているつもりでしたが、実際は全く左右均等ではなく、助産師さんに手でグイっと開かされたようです(^^;;

開いた後はものすごく曲がっている感覚があったようですが、それが真っ直ぐだったようで、その時に初めて「私って体が歪んでいるんだ」と自覚したようです。
それ以来、足が少ししびれ、たまにギックリ腰になりやすくなってしまい、当院にいらっしゃったというのがはじめでした。

先日この方から「整体でウエストってくびれるんですか?」と聞かれたので、詳しく伺うと、「20代の頃から体が歪んでいた(のを放置していた)のですが、先生のところに通い始めて左右均等でなかったウエスト周りが整い、ウエストがくびれてきた」というご報告を頂きました(^^)

私はウエストをくびれさせるために体の調整をしていたわけではなく、体が真っ直ぐになるように調整したのですが、体が整ってきたら、おまけでウエスト周りがくびれたようです。

体が整うと期待していなかったことがおまけでついてくることはよくあります。

例えば
・首肩のコリが解消されたら、耳鳴りまで無くなった
・腰痛が改善したら、便通まで良くなった
・腰痛が改善したら、朝の目覚めまで良くなった
など。

腰痛や肩こりなど、症状にとらわれず、体がまっすぐになるように整えます。
そうすると自然と気になっていた症状は改善します。

今年もいらっしゃる皆様のお役に立てるよう、頑張ります。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

新海

コアド整体院のHPに戻る   tel5

前回の記事の補足です。

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

前回の記事「妊娠希望の方の肩こり・・・」の記事を読んだ方からご質問を頂きましたので、回答したいと思います(^^)

ご質問は
<<最後の方の「こちらのクライアントさんは色々な症状がありましたが、最初から既に改善する準備が整っていました。」のところで、どのような準備が出来ていたのでしょう?>>
です。

では回答します。

必要な準備とは「クライアントさんが本当に良くなりたい!という気持ち」です。
もう少し言うと「誰かに治してもらうのではなく、出来るだけ自分で出来ることは取り組んで、自分で治したい!」という気持ちです。

こういう方は目の色が違います。
早く良くなりたい!という気持ちが表情に表れています。
質問をたくさん私にします。
こういう方はすぐに分かります。

スポーツの前に準備運動が必要なことと同様、体がよくなる前提条件としてクライアントさん自らが良くなりたい!という気持ちを自分で作ってくる必要があるのです。

どのような症状にも必ず原因はあります。

その原因を取り除くセルフケアをすれば自ずと症状は改善されます。

コアド整体院のHPに戻る   tel5

妊娠希望の方の肩こり、腰痛、子宮筋腫、足底筋膜炎

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

今回の記事は「妊娠希望の方の肩こり、腰痛、子宮筋腫、足底筋膜炎」についてです。

こちらの方が一番気になる症状が足底筋膜炎。
1年ほど前から歩くと足の裏が痛むのです。
肩こりや腰痛も解消したいのですが、あと出来れば子宮筋腫も取りたいというご希望でした。

まずは検査です。
腰は反りやすくなっており、ふくらはぎも堅い。
子宮筋腫も左側に2.5センチほどのものが3個あります。
(整体の検査でも検出出来ます。)
バランスは崩れていますが、これはそれほど時間がかからず肩こりや腰痛は解消できそうな感じです。

早速施術です。
足から調整していくと、ガチガチだった肩と首がかなり柔らかくなりました。
子宮への血流も促します。
子宮筋腫も取る調整も合わせて行います。
最後に足をテーピングで補強して初回は終了です。
これでも全身かなり楽になったようです(^^)

これを2回目も行い、3回目の最初に再び検査。
肩や腰は大分楽になっています。
子宮筋腫も左側に2.1センチのものが1個になりました。

4回目の最初も再び検査。
子宮筋腫も左側に0.8センチのものが1個になりました!
順調に小さくなっていますので、おそらくこのままなくなると判断。
こちらの検査では小さくなっていますので、ちゃんと画像で確認したいので、こちらのクライアントさんに病院で画像の検査をして頂くことをお願いしました。

そして7回目の施術の前に病院での検査結果を教えて頂くと、やはり子宮筋腫は無くなっていました!
そして、、ご懐妊されていました!!
ダブルの嬉しさがこみ上げました(^^)

総括)
長年整体を行っていると、この人が早く良くなるかならないか分かるようになってきます。
こちらのクライアントさんは色々な症状がありましたが、最初から既に改善する準備が整っていました。
なので、施術する前から早く良くなることは分かっていましたが、これほど早く授かるとは思っていませんでした(^^;

最初は堅かった表情がにこっと変わる瞬間はこちらもとてもうれしいものです(^^)

コアド整体院のHPに戻る   tel5

うまく改善できなかったケース

こんにちは!
腰痛専門【吉祥寺コアド整体院】の新海です。

当院にはたくさんの患者さんがいらっしゃいます。

皆さんそれぞれのお悩みを解決したくてご来院されますが、残念ながらいらっしゃる全員が良くなるわけではありません。
良くなる割合は10人いらっしゃると9人ぐらいの方は改善に向かいます。ですが、残りのお一人はかなり難しい症状の方がいらっしゃるというのも事実です。

良くならない原因は私に問題がある場合(技術的な問題・対応外の症状など)と患者さん側の場合(治したい気持ち・日々の取り組みなど)があります。

その中で最近うまく改善できなかった例をご紹介します。

ケース①
・年齢:90代
・性別:男性
・症状:脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、心筋梗塞、狭心症

解説)
上に挙げたようにかなり難しい症状が併発していました。
私の技術不足もありますが、はたして手技で解決できる問題なのか?というレベルです。

脊柱管狭窄症で少し歩くと痛みが出る患者さんでも施術を行うことで、かなりの時間歩ける様になる患者さんも実際は多数いらっしゃいます。
この方も改善できるかな?という希望をもって施術にあたりましたが、現実的には難しかったです。。

お聞きすると症状は最近ではなく、10年ほど前から出ていたようなので、もっと早く診たかったというのも本音です。

 

ケース②
・年齢:70代
・性別:男性
・症状:脊柱管狭窄症、坐骨神経痛

解説)
こちらも狭窄症と神経痛の併発です。
お聞きするとこのような症状が20年ほど前から出ていたようです。
やはりもっと早く診たかった。。

男性は重症化して初めて治療を始める傾向があります。
重症化してからでは回復力も低下していますし、改善までの時間がかかるという現状があります。

技術的な向上には日々取り組んでいます。

いらっしゃる方の症状が早く改善して、日々の暮らしが以前のように快適に戻るお手伝いをしたいと思っております。

 

新海

コアド整体院のHPに戻る   tel5